②年越野郎のセルフインタビュー

Q:なぜこのような事をはじめたのですか?

物心ついた頃から我家のお正月は寝正月で、一日中TVを見るかおせちを食べるか寝るかだったんですけど、そういう一家総出でだらだらした過ごし方が性に合わなかったんです。大学4年間はお正月はバイトをしてなんとか回避してきたんですけど、就職したらお正月は休みな上にアルバイトもできなくなったんです。なので、お正月に企画を企てるようになるようになりました。それと、元々何か面白い事をしたいと常に考えているタチだったということもあります。

③年越を通して伝えたいこと

毎年様々な角度から年越を楽しむことが趣味の私が、年越を通して伝えたいことはひとつ。『何事も楽しむこと』です。年越を過ごすにしても、様々な方法があります。そして、必ずしも意図する結果にたどり着けないこともあります。

目的に執着するからうまくいかなかった時にきつくなる、といったことは、ハイリスクハイリターンだと思うのです。そんなことよりも、目的に至るまでの道筋をいかに楽しくバラエティに富んだものに設計するか?それで少しは毎日が楽しくなると思います。頭の使い方ひとつで体の使い方も物の感じ方も大幅に豊かになるのではないか、と私自身感じており、それを年越を通して少しでも周りの方々に伝えることが出来れば、と思っています。

歴代の年越

2019_bn_l.png
2018年
スリランカの山奥で、外部との交流を一切遮断して、ヨガと瞑想とアーユルヴェーダ三昧でスピリチャルの境地に達して、年越を忘れる年越を迎えようとしました。
2017年
2017年1月1日0:00〜日の出の時刻にかけて、京都市中にある神社を片っ端から初詣しまくりました。大晦日前日の深夜に思いつく。
2016年
出雲大社で一緒に年越してくれるお相手を見つけるべく、9月の30歳の誕生日から年末までの間、婚活を行いました。Yahooニュースに度々登場。
2015年
シンガポールのフリーメイソンのロッジにて行われているカウントダウンパーティーに潜入してきました。
2014年
2014年大河ドラマ主人公で、福岡藩祖の黒田官兵衛ゆかりの地めぐり。菩提寺で除夜の鐘を突き、官兵衛を祀る神社で初詣し、福岡城天守閣で初日の出を拝みました。(公開終了)
2013年
年越そばを栽培から手がけました。醤油や味醂、鰹節や器まで手作り。大晦日にそば打ちを行い、時報を聞きながら年越そばをすすりました。公募型コンペにて企画を採択。
2012年
遂に遂に!ニューヨークのタイムズスクエアで年越してきましたー‼
翌年、これを上回る企画に悩む。
2011年
静岡と東京でお世話になった人にご挨拶巡り。
2010年
一晩で東京の定番に全部行くツアーを敢行。浅草寺→靖国神社→明治神宮→高尾山から初日の出。
2009年
お伊勢参り。全ては紅白を見終わった後の思い付きから始まりました。
2005-2008年
学生時代は神社での年1の正月アルバイトを4年間行っていました。
もっと見る
ご連絡先

Copyright © 2016 年越野郎 Allrights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now